宮本武蔵の兵法35か条 その5~6

スポンサーリンク

宮本武蔵の『兵法35か条』のゆるい現代語訳です。今回は第5条「歩き方」と第6条「見方」を訳してみました。

第5条 歩き方

戦いのときの歩き方は、その時々でいろいろあります。

歩幅が大きかったり、小さかったり、速かったり、遅かったりと。

でも、基本的にはふだんと同じように歩くようにします。

NGな歩き方は、飛んだり、浮いたり、踏み据えたりする歩き方です。

そーっと歩いたり、テンポが合わない歩き方もダメです。

どんなに足場が悪いところでも、きちんと歩くようにしたいものですね。

 

第6条 見方

戦いのときにどこを見るかは、むかしから諸説ありますが、だいたい顔を見るようにします。

ふだんよりも少し目を細めて、穏やかに見ます。

眼球は動かしません。

目の前の相手を見るときも、まるで遠くのものを見るように見ます。

そうすれば、相手のワザや周辺までも見通すことができます。

 

ものの見方には「観」と「見」の2つがあります。

「観」は遠くから全体像を見ること。「見」は近くを細やかに見ることです。

本番では「観」の目を強く、「見」の目を弱くします。

こちらの眼の動きから、相手に思惑を悟られることがあるので気を付けましょう。

集中する気持ちは、相手に悟られやすいです。

ゆったりと広くかまえる心は、悟られにくいです。

よく研究したいところですね。

宮本武蔵の兵法35か条 現代語訳もくじ