宮本武蔵が人にものを教える時の3原則

スポンサーリンク

宮本武蔵の小説に出てくる挿話です。武蔵が少年に剣の指導をします。その方法がステキでした。

あるとき、宮本武蔵のもとに一人の少年が訪ねてきました。

少年は「父のかたきが討ちたい」と言い、武蔵に剣の手ほどきを願い出ます。

しかも、勝負はあす。

時間がありません。

 

このときの武蔵の指導のしかたが、とっても興味深いんです。

読んでいて、3つのポイントがあるように感じました。

 

1.やる気を引き出す

武蔵はまず、少年に剣を振らせてみました。

いまいちでした。

でも、そのことは口に出しませんでした。

今から直しても間に合わないし、少年の自信を失わせてしまうからです。

そのかわり、こう言いました。

「それでいい。みごとだ」

少年はよろこびました。

自信をつけた少年は、ますますやる気をもって練習をつづけました。

 

2.まず一つの方法を完璧に

武蔵は「秘法をさずけよう」と言い、ごくシンプルで実用的な攻撃のしかたを、ひとつだけ教えました。

それだけを繰り返し練習させました。

 

3.必ずできると暗示をかける

十分な練習のあと、武蔵は「これで、勝てる」と少年にお墨付きを与えました。

さらに、少年を勇気づけるため、こう言いました。

「勝負の日、足元の地面にアリが這っていれば、運のある証拠。勝利はまちがいない」

季節は真夏です。地面にアリがいて当然です。

これは勝利のための暗示でした。

 

少年は、勝負に勝ちました。

武蔵の指導のしかた、とても面白いですね。

出典:新装版 宮本武蔵 (朝日文庫)
blogirasuto7

Amazonで五輪書をさがす
⇒五輪書 序文
宮本武蔵の名言集

スポンサーリンク