宮本武蔵の兵法35か条 その9~10

スポンサーリンク

宮本武蔵の書いた『兵法35か条』のゆるい現代語訳です。今回は第9条と第10条です。

 

第9条 兵法の上中下

兵法には、上・中・下があります。

「下」の人たちは、構えの多さやパワー、スピードを見せつけようとします。

「中」の人たちは、細やかで、ワザをひけらかしながらも、タイミングがとれていて、品格があり、見栄えもいいです。

「上」の人たちは、力強くもなければ、弱々しくもありません。

才走って目立つこともなく、素早いわけでもありません。

見た目は華々しくもなく、悪くもありません。

ただ、ゆったりと、まっすぐ、静かです。

これが「上」の兵法です。

 

第10条 心のものさし

心の中にものさしを持つことをオススメします。

自分の心のものさしを相手にあててみると、いろいろなことがわかってきます。

たとえば…

相手の強いところ、弱いところ。

まっすぐなところ、ゆがんだところ。

気持ちが張っているところ、ゆるんでいるところ。

などなど。

心のものさしを使えば…

丸いものも角ばったものも、長いものも短いものも…

ゆがんだものも、まっすぐなものも、よく知ることができます。

blogirasuto9

宮本武蔵の兵法35か条 現代語訳もくじ