宮本武蔵の兵法35か条 その13

スポンサーリンク

宮本武蔵の書いた『兵法35か条』のゆるい現代語訳です。今回は第13条です。

 

第13条 試合の始まり方

試合の始まり方には3つのパターンがあります。

1.自分からしかける。

2.相手からしかけてくる。

3.同時にしかける。

この3つです。

これを「3つの先」といいます。

ひとつ一つみていきますね。

 

まず…

自分からしかけるときです。

からだは攻める態勢を取りつつも、足と心は残しておきます。

このとき、気持ちは緩まないように、かといって固くなり過ぎないように気を付けながら、相手の心を動かすようにします。

 

つぎに…

相手からしかけてくるときです。

このときは、からだをどう動かそうか…などとは一切考えません。

無心となり、相手の動きに応じて、そのまま先手をとれるようにします。

 

最後に…

相手と自分が同時にしかけるときです。

このときは、からだを強くまっすぐにして臨み、刀なり、からだなり、足なり、心なりで主導権がとれるように心がけます。

以上が「3つの先」という話でした。試合の始まり方はとても重要です。

宮本武蔵の兵法35か条 現代語訳もくじ

Amazonで五輪書をさがす
⇒五輪書 序文
宮本武蔵の名言集

スポンサーリンク