宮本武蔵の兵法35か条 その11~12

スポンサーリンク

宮本武蔵の書いた『兵法35か条』のゆるい現代語訳です。今回は第11条と第12条です。

 

第11条 刀の軌道

刀を振るとき、刀がどんな軌道をとるのか分かっていないと、思うように振れません。

刀と小刀はちがいます。

刀は、小刀みたいにちょちょいと手軽に振るわけにはいきません。

刀を振るときは、「重いものを振るんだ!」という気持ちで、静かに振るといいですよ。

刀の軌道が相手にあたるように、よく練習してみてくださいね。

 

第12条 打つと当たる

「打つ」と「当たる」はちがいます。

「打つ」とは、ここを斬るぞ!と狙いをさだめて斬ることです。

「当たる」とは、とくに狙いをさだめず、どこでもいいので斬ってみることです。

 

「当たる」の場合は…

刀が相手のからだにぶつかってもOK。

相手の刀にぶつかってもOK。

もっと言えば、どこにもぶつからなくてもOKです。

それが「当たる」です。

「当たる」とは、つぎに狙いをさだめて「打つ」ための前段階と考えてもいいですね。

宮本武蔵の兵法35か条 現代語訳もくじ

Amazonで五輪書をさがす
⇒五輪書 序文
宮本武蔵の名言集

スポンサーリンク