宮本武蔵の名言集ベスト45

スポンサーリンク

心に残った宮本武蔵の名言を、ずらっと見やすく45個ならべてみました。ゆる~い現代語訳で表現させていただいています。

 

「ふだんから本番のように。本番はふだんのように」

「他人を知ってはじめて、自分がわかります」

「体は忙しく動いても、心まで忙しくならないように」

「刀がないと勝てないという思い込みは捨てましょう」

「他人のマネをしなくてもいいんです。自分に合ったものが、きっとあります」

 

「人はだれでも、これと決めた自分の道を、磨きぬいていくことが大切なんです」

「力んで道筋に反しないこと。あせらず自然に」

「目に見えるものを凝視してはいけません。本当に見るべきは、相手の心です」

「心は揺らいでいいんです」

「相手の懐に飛び込むと決めたからには、少しも手を出してはいけません」

 

「大海も、もとは小さな一滴でした」

「とっておきの奥義など無いのです。奥義も基本もすべてつながっています」

「この五輪書は、習うのではなく、気づくつもりで手にとってください」

「はじめの思惑と違ったことになっても、それに固執せず、つぎの可能性を探ればいいんです」

「ものごとは、出っ張った部分が削られると、勢いが弱まります」

 

スポンサーリンク

「相手を傷つけようとすれば、自分も傷つくものです」

「雰囲気は人に移る」

「弱気にならない、調子に乗らない、小手先の計算はしない」

「長い刀でも勝てます。短い刀でも勝てます。どんな条件でも、うまくいく道はきっとあるものです」

「長い刀がダメなわけではありません。長い刀さえあれば勝てるという、片寄った考え方がダメなのです」

 

「剣術だけをマスターしようとすれば、剣術さえもマスターできません」

「どんなものにも、タイミング、流れ、呼吸、機微といったものがあります」

「朝も昼も夜も、自分の決めた道を心がけましょう」

「幅広くいろいろな芸に触れよう。さまざまな生き方を知ろう」

「うまくいくには、うまくいくだけの道理があります」

 

「うまくいく方法を身に付けた上で、それに固執しない」

「ふだん通りが一番です」

「心が体につられないように。体が心につられないように」

「心は広く、まっすぐに」

「張りつめず、ゆるまず、片寄らず」

blogirasuto3

「心を真ん中におく」

「心を水にする」

「大きな大仏も、小さな道具で作られます」

「小さなゆがみが、あとで大きなゆがみになります」

「相手の動きを知りながら、相手の動きにとらわれない」

 

「遠いところを近く見て、近いところを遠く見る」

「刀は、構えるつもりで構えないでください。斬るつもりで、構えてください」

「構えあって構えなし」

「相手の先手を抑え込もうと待ち構えている時点で、後手に回っているのです」

「心は刀に表れます」

 

「山と思うところを海と発想し、海と思うところを山と発想する」

「粘るのは強さです。もつれるのは弱さです」

「無理せずいきましょう」

「ぜんぶに力を入れると、うまくいきません」

「智恵があり、理があり、道があり、人の心は空となります」

Amazonで五輪書をさがす
⇒五輪書 序文
宮本武蔵の名言集

スポンサーリンク