五輪書の現代語訳その30

スポンサーリンク

宮本武蔵『五輪書』水の巻(21)のゆるい現代語訳です。

刀にかわる体

 

当然のことですが、相手を攻撃するときは、刀と体を動かします。

このとき、

刀と体をピッタリ同時に動かし始めるわけではありません。

 

体が先に動くこともあれば、

刀が先に動くこともあります。

 

たいていは、体が先に動いて

体勢を整えますけどね。

 

つまり、

同時に動いているように見えても、一つ一つ段階があります。

あれもこれもではなく、一つ一つなんです。

 

五輪書のゆる~い現代語訳もくじ

Amazonで五輪書をさがす
⇒五輪書 序文
宮本武蔵の名言集

スポンサーリンク