人生でするべきたった一つのこと

スポンサーリンク

宮本武蔵の『五輪書』はもともと、武士が戦いで勝つための本です。

武士にとって、するべきたった一つのことは「勝つ」ことでした。

 

ぼくらには「勝つ」より大切なことがある

 

ぼくらは武士ではありません。

ぼくらには「勝つ」以外に大切なことがあります。

ぼくはのんびりした人間なので、争い勝つために『五輪書』を読んだことはありません。

 

人生でするべきたった一つのこと

 

ぼくの誕生日は、冬です。

窓の外に、やわらかい冬を感じながら、読みたい本があります。

あなたの物語―人生でするべきたった一つのこと

涙があふれてきます。ずっと大事にしたい本です。

 

生きられなかった命たちの声

 

※ここから本の内容についてネタバレがあります。

m(_ _)m ぺこり

 

では。

失礼して。

ネタバレを…。

 

この本は、今を生きるぼくらへのメッセージです。

生きたくても生きられなかった無数の命たちの、あたたかいメッセージ。

 

彼らがぼくらに願うことは、たった一つ。

彼らが経験できなかった空を、風を、花を、波の音を、星の輝きを、そして世界を

楽しむこと。

 

本を読みながら、涙があふれてきました。はじめは、この本のあたたかさに。それから、この本をプレゼントしてくれる人の、心のあたたかさに。

 

この世界を楽しむために

 

『五輪書』はいろいろな読み方ができます。

「勝つ」ために、読むこともできます。

毎日を楽しむために、読むこともできます。

ぼくらのするべきたった一つのことが、人生を楽しむことであるなら…

この日々を味わい尽くすために『五輪書』を開いてみたいなと思います。