宮本武蔵の兵法35か条 その14~15

スポンサーリンク

宮本武蔵の書いた『兵法35か条』のゆるい現代語訳です。今回は第14条と15条です。

 

第14条 渡を越す

こちらから仕掛けた瞬間、もしも「ん。これはちょっと不利そうだな…」と思ったら…

体も足も、相手にぴったりとくっつけてしまってください。

逆に、ぶつかりあった瞬間、自分のほうが有利だと思ったら、気にすることはありません。

これと通じるような内容は、ほかの条項にも書いておきますので、参考にしてみてくださいね。

 

第15条 刀に替わる身

刀と体と心…。

この3つを動かすタイミングの話です。

 

刀を打ち出すときは、体がつられないようにしてください。

また…

体を「打ち込みの態勢」に見せようとするときは、刀の動きは後回しです。

これは空の心です。

 

刀と体と心。これらを、同時に打ち出すことはありません。

ケースバイケースで、心を内に残したり、体を内に残したりします。

ぜひ研究してみてください。

宮本武蔵の兵法35か条 現代語訳もくじ