宮本武蔵の兵法35か条 その16~17

スポンサーリンク

宮本武蔵の書いた『兵法35か条』のゆるい現代語訳です。今回は第16条と第17条です。

 

第16条 2つのステップ

刀を1回打つあいだに、足は2ステップします。

ノリノリで攻めるときも、相手の刀をよけるときも、突くときも、引くときも、足は2ステップです。

「足を継ぐ」というのは、これのことです。

刀の一打ちに対して、足が1ステップでは、のんびり過ぎてリズムが悪いんです。

2ステップです。それが自然です。

それぞれでよく工夫してみてくださいね。

 

第17条 剣を踏む

剣を踏むというのは…

相手の刀の先端を、自分の足で踏むようなイメージです。

相手の刀の行きつくところを、左足で踏みつける気持ちです。

 

踏むといっても、かならずしも足で踏みつけるとは限りません。

刀で踏む、体で踏む、心で踏む。どれもありです。

踏むことで先手をとって、自分の流れに持ち込めればOKです。

 

また…

踏もうとせずに、足をリラックスさせておくこともあります。

剣を踏むというのは、毎回毎回できることではありません。

よく研究してみてください。

宮本武蔵の兵法35か条 現代語訳もくじ