五輪書の現代語訳その47

スポンサーリンク

宮本武蔵『五輪書』火の巻(4)のゆるい現代語訳です。

航海士のように!

 

海の難所を渡ることを
「渡を越す」といいます。

 

世の中を渡るのにも
一生のうちで
難所を乗り切るような場面が
たくさんあると思います。

 

人生を船の旅に例えますね。

 

船の旅で大切なのは、
海の難所をよく知ること。
船についてよく知ること。
とりまく天候をよく知ることです。

 

たとえ共に旅立つ船がなくても、
あるときは横風を友とし、
あるときは追い風を友として進みます。

 

もし風向きが変わったら?
そのときはオールを手にします。
自力で漕げばいいんです。
そのくらいの覚悟で
難所を乗り切るんです。

 

世の難所を越すのは、
優秀な航海士が海を渡るようなものです。

難所を乗り切れば、水平線が開けます。

 

五輪書のゆる~い現代語訳もくじ

Amazonで五輪書をさがす
⇒五輪書 序文
宮本武蔵の名言集

スポンサーリンク