五輪書の現代語訳その51

スポンサーリンク

火の巻(8)

相手の身になる

 

例え話をします。

あるところにドロボーがいたとします。

 

ドロボーが盗みをはたらいて、家の中に立てこもっている…

そんな場面を想像してください。

 

我々はつい「ドロボーが恐ろしくてうかつに近づけない」と考えがちです。

 

でも、ドロボーの身になってみると、どうでしょう。

世の中全部を敵に回したような気持ちで、とても恐ろしいはずなんです。

 

こんなふうに…

相手の身になって考えると気が付くことがたくさんありますよね。

 

五輪書のゆる~い現代語訳もくじ