五輪書 (ちくま学芸文庫)

スポンサーリンク

ちくま学芸文庫の『五輪書』の感想です。

五輪書 (ちくま学芸文庫)
五輪書 (ちくま学芸文庫)

 

大事な場面に

生活の中で、仕事の中で、大事な場面があります。そこにどんな気持ちで臨んだらいいのかを『五輪書』は教えてくれます。心を支えてくれます。日々の大事な場面の、心強い味方なんです。

 

無人島に持っていくなら

ぼくが今、個人的に一番気に入っている『五輪書』が、この五輪書 (ちくま学芸文庫)です。『五輪書』に魅力を感じて、長く読むようになったのも、この本に出会ったおかげだと思っています。『五輪書』はいくつも持っています。それぞれに良さがあります。もしも無人島に一冊だけ持っていくとしたら、これを選びます。

 

味わい深い翻訳

原文と現代語訳の両方が載っています。訳はわかりやすく、奥深く、読めば読むほど味が出ます。読みようによっていろいろなヒントが得られます。それが五輪書のだいご味ですよね。

 

とても気持ちいい

現代語訳を読んでいると、おおまかな意味が頭に入ります。その後、原文のほうを読むと、原文の意味がすらすらと感じ取れる瞬間があります。それがとても気持ちいいんです。

 

お手軽な文庫サイズ

持ち運びしやすい文庫サイズというのも読書欲をそそります。カバンにもポケットにも入れやすい。待ち時間でも喫茶店でも読める。『五輪書』は心の支えになる本です。いつでも身に付けていられるポータブル感がありがたいですよね。

 

五輪書を捨てる!

かといって、いつでも身に付けているのがいいわけでもないんです。『五輪書』にとらわれすぎるのは、かえって『五輪書』の考えに反する気がするんです。

だから、肌身離さず持ち運べるサイズではあるけど、そう頻繁には持ち歩かない。とらわれない、捨てるくらいの気持ちで愛読する。そういう距離感が理想的なのかも知れませんね。

五輪書 (ちくま学芸文庫)