五輪書の現代語訳その56

スポンサーリンク

火の巻(13)

平常心を失う

平常心を失うと、人は崩れてしまいますよね。

平常心を失うのはどんなときでしょうか。

 

いろいろありますが、実戦に関する場面でいうと、

たとえば次のような心理状態のときです。

 

ギリギリの危険を感じてドキドキ、ハラハラするとき。

これを「きわどき心」といいます。

 

これは無理だ!と思うような困難に直面したとき。

これを「無理なる心」といいます。

 

予想外の、思ってもみなかったことが起きたとき。

これを「思わざる心」といいます。

 

こうした心の動きをよく知って、ものごとに役立てたいですね。

五輪書のゆる~い現代語訳もくじ

Amazonで五輪書をさがす
⇒五輪書 序文
宮本武蔵の名言集

スポンサーリンク