力まずただ道筋のままに

スポンサーリンク

力まず、ただ道筋のままに。これも宮本武蔵の『五輪書』で知った考え方です。

 

力むとうまくいかないことって多いですよね。

たとえば、

もっと強くなくてはいけない…

もっとテンションをあげなくてはいけない…

もっと強烈でなければならない…

もっとうまくやらなくてはいけない…

 

そんなふうに考えて無理をすると、

自分の調子がくるってしまいます。

 

そういうときは五輪書の水の巻(7)を読みます。

そこには、力まなくていい、と書かれています。

 

刀は、力んで速く振ろうとすると、振れないそうです。

自然に、刀の道筋に反せずに振れば、指2本で持っても自在に振れるといいます。

力まず、ただ道筋のままに。その自然体がどんな怪力よりも力になるんですね。

 

Amazonで五輪書をさがす
⇒五輪書 序文
宮本武蔵の名言集

スポンサーリンク