五輪書の現代語訳その68

スポンサーリンク

火の巻(25)

敵と味方

 

自分にとって
「敵」だと思うものさえ、

なんらかの意味で
「味方」となってくれます。

マイナスだと思う感情。
マイナスだと思う出来事。

それらを「敵」とするか「味方」とするかは
私たちの自由です。

 

五輪書のゆる~い現代語訳もくじ