五輪書「火の巻」の現代語訳が完了

スポンサーリンク

こんばんは。

このブログでは、宮本武蔵の書いた『五輪書』のゆる~い現代語訳をコツコツと連載しています。

『五輪書』はおもに、地・水・火・風・空の5巻からなっています。

 

現代語訳はこれまでに「序文」からはじまって、「地の巻」「水の巻」と書き終えました。

ちょうど1年くらい前から「火の巻」に突入しました。

 

「火の巻」はけっこう長いんです。

きょう、「火の巻」のあとがきをアップしました。

長~い「火の巻」がこれで終了したことになります!

ほぼ1年かけての、のんびりな更新でした(笑)

 

つぎはいよいよ「風の巻」に入ります。

楽しみです♪