五輪書の現代語訳その73

スポンサーリンク

宮本武蔵の『五輪書』の現代語訳。きょうは風の巻(1)です。

刀は長ければ強いのか?

 

「刀は長いほどいい」
という流派があります。

 

私に言わせて頂くと、
それは弱い流派です。

 

その流派の
一体なにがいけないのか?

 

長い刀がダメなわけではありません。

長い刀さえあれば勝てるという、
片寄った考え方がダメなのです。

blogirasuto5

敵と組み合うほどの接近戦では、
長い刀は役に立ちません。

 

短い刀や素手のほうが、
ずっと役に立ちます。

 

狭い場所で戦うときも
同じです。

 

長い刀だと、
満足に振ることさえできません。

 

けっして
長い刀がいけないのではありません。

 

長い刀にむやみにこだわる気持ちが
いけないのです。

五輪書のゆる~い現代語訳もくじ