五輪書の現代語訳その74

スポンサーリンク

風の巻(2)

強さとやさしさ

 

刀を振るとき…

力ずくで斬ろうとしても
うまくいきません。

 

荒々しいだけでは、
勝てないのです。

 

それなら、
やさしく斬ればいいのでしょうか。

それもちょっと違います。

blogirasuto1

実際の戦いでは、

強く斬ればいいわけでも、
やさしく斬ればいいわけでもありません。

 

では、どう斬ればいいのか。

ずばり、

「勝てるように斬る」

これです。

 

強く斬ること、やさしく斬ることが
大切なのではありません。

「勝つこと」が本来の目的です。

 

いつでも本来の目的を
見失わないようにしたいものです。

 

***

 

うまくいくには、うまくいくだけの道理があります。

無理をしたからといって、うまくいくわけではありません。

 

***

 

自分は強くあるべきだ…
自分はやさしくあるべきだ…

そんなふうに感じることが
あるかもしれません。

 

そんなときは、
なぜそう思うのかを
感じてみてください。

 

強くあることが
目的ではないはずです。

やさしくあることが
目的ではないはずです。

 

強い自分になることで、
やさしい自分になることで、
本当に手に入れたいものがあるはずです。

 

五輪書のゆる~い現代語訳もくじ