五輪書の現代語訳その75

スポンサーリンク

宮本武蔵の五輪書。今回は、風の巻(3)のゆるい現代語訳です。

短い刀

以前、「刀は長ければいいというものではない」という話をさせていただきました。

だからといって、短ければいいというわけでもありません。

 

短い刀で勝つことにこだわる人は、

刀の短さを活かして敵の隙をついてやる!とか、

接近戦で優位に立ってやる!と考えがちです。

 

そういうのは、良くありません。

 

第一、敵の隙をさぐる姿勢は、すでに主導権を奪われていることになります。

受け身では勝てないのです。

 

一般的に刀の練習をするときは、受けたり、かわしたり、抜けたり、くぐったりします。

でも、そうした受け身の姿勢に引きずられるのは良くありません。

 

小手先でどうにかしようとするのではなく、

まっすぐ、正しく、堂々とした気持ちで臨みたいものですね。

五輪書のゆる~い現代語訳もくじ

Amazonで五輪書をさがす
⇒五輪書 序文
宮本武蔵の名言集

スポンサーリンク