五輪書の現代語訳その77

スポンサーリンク

宮本武蔵の五輪書。今回は、風の巻(5)です。

構えにとらわれない

 

ほかの流派では、刀の構えにこだわるところもあります。

でも、それは良くありません。

 

よく「城を構える」とか「陣を構える」という言い方をしますよね。

ここからもわかるように、

構えとは、仕掛けられても動じないためのものです。

 

つまり…

構えとは、仕掛けられるのを待つ姿勢。

いわば受け身なんです。

 

勝負では何事も先手、先手を心掛けます。

構えるという受け身の姿勢は、それに反します。

わが流派では、構えという受け身の姿勢にこだわることをきらいます。

つまり「構えあって構えなし」です。

五輪書のゆる~い現代語訳もくじ

Amazonで五輪書をさがす
⇒五輪書 序文
宮本武蔵の名言集

スポンサーリンク