宮本武蔵の兵法35か条 その1

スポンサーリンク

宮本武蔵『兵法35か条』の第1条のゆるい現代語訳です。二刀を扱うことについてです。

 

第1条 わが流派は二刀流

刀はふつう、右手に持ちますよね。

私の流派は二刀流なので、左手にも持ちます。

この場合、左手にはどんな意味があるのか?

じつは、たいした意味はありません。

 

左も右も関係ないんです。

要は、刀を片手で扱う。これが大事だと考えています。

 

刀を片手で扱えるようになると、便利ですよ。戦場、馬上、沼、川などなど。

あとは、走りながらとか、もう片方の手に道具を持っている時なんかも便利です。

 

片手で刀を持つと、はじめは重く感じるかもしれませんが、だんだん慣れてきます。

例えば、弓を練習していれば、だんだん弓の力がアップしてきます。

馬に乗っていれば、乗馬の腕前がだんだん上達してきます。

 

船乗りは船をこぐのに慣れてきます。

農民は農具をあつかうのに慣れてきます。

 

同じように、刀も片手で持つことに慣れてくれば、自在に操れるようになります。

ただ、人によって腕力の強弱があります。自分にあった刀を選んでくださいね。

宮本武蔵の兵法35か条 現代語訳もくじ

Amazonで五輪書をさがす
⇒五輪書 序文
宮本武蔵の名言集

スポンサーリンク