毎日を楽しむために五輪書が役立つ

スポンサーリンク

人それぞれ、これがあると楽しい時間が過ごせる!というものがありますよね。たとえば、ハマっているゲーム、録画しておいたテレビ番組、大好きなおやつ、趣味のアイテム、読みかけのマンガ、などなど。

でも…

急にその楽しみがなくなると、とガッカリです。

実際、きのうのぼく自身が、そうでした。

 

そんなときは…

宮本武蔵の『五輪書』です。

 

「楽しむ」をテーマにして読む

『五輪書』の本来のテーマは「勝つ」です。

これを「楽しむ」に置き換えて読んでみます。

すると3つの心得が見えてきました。

 

1.それがなくても楽しめると知る

宮本武蔵は「刀がないと勝てないという思い込みは捨てましょう」と言っています。

『五輪書』火の巻(26)より。

原文は「無刀にて勝つ心あり。太刀にて勝たざる心あり」です。

きのうは、これを自分自身にあてはめてみました。

欲しいアイテムがないと今を楽しめないという思い込みを、捨てました。

blogirasuto6

2.いまここに楽しみを見つける

武蔵は「いまの状況にメリットを見つけて、それを活かしましょう」という意味のことを言っています。

『五輪書』火の巻(6)より。

原文は「其儘其理を受けて」です。

 

これも自分自身にあてはめてみました。

欲しいアイテムはない。

でも、今ここには、なにかしらのメリットや楽しみがある。

それを探してみる。

そんなふうに意識してみました。

すると…

あたりまえの何気ないこと一つ一つが少しずつ味わい深くなって、楽しくて、じわっと心が癒されました。

 

3.心は水のように

武蔵は「心は水のように」と言っています。

『五輪書』地の巻(4)より。

水は変幻自在。自由奔放です。

容器によって丸くもなれば四角にもなります。

一滴のしずくにもなれば、大海にもなります。

水のように自由に、変幻自在な気持ちで、今という瞬間を自分で満たしていく。

いつの間にか、そういう自分自身の心のうごきを楽しめる気分になっていました。

おかげで、きのうは良い時間が過ごせました。

Amazonで五輪書をさがす
⇒五輪書 序文
宮本武蔵の名言集

スポンサーリンク