宮本武蔵に関する本

スポンサーリンク 宮本武蔵に関する本をピックアップしています。   五輪書 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ5) 五輪書をはじめて読む方にオススメです。とても読みやすい文章で書かれています。原文は載っていません。   五輪書 (講談社学術文庫) 五輪書の原文、現代語訳、… つづきを読む宮本武蔵に関する本

超訳 五輪書『宮本武蔵語録』の感想

名言には、短い中にも力がありますよね。宮本武蔵の語録を見つけました。 著書『声に出して読みたい日本語』で有名な齋藤孝さんの書いた本です。 こちら↓ 超訳 宮本武蔵語録 精神を強くする『五輪書』   宮本武蔵の『五輪書』は、地の巻、水の巻、火の巻、風の巻、空の巻、の5巻から成っています。 そ… つづきを読む超訳 五輪書『宮本武蔵語録』の感想

関ヶ原 宮本武蔵は西軍か東軍か

宮本武蔵は若い頃、関ヶ原の戦いに参加しました。じつは、西軍として参加したのか、東軍として参加したのか、説がわかれているそうです。   吉川英治の『宮本武蔵』 ぼくはてっきり、武蔵は西軍だったとばかり思っていました。 宮本武蔵のイメージを決定づけた国民的小説は、吉川英治さんの『宮本武蔵』です… つづきを読む関ヶ原 宮本武蔵は西軍か東軍か

司馬遼太郎『真説宮本武蔵』のおもしろさ

『真説宮本武蔵』は、司馬遼太郎さんの短編小説です。ぼくにとっては、宮本武蔵の意外な一面をみた印象深い作品でした。 読んだ感想です。   新装版 真説宮本武蔵 (講談社文庫)   これは、宮本武蔵の就職活動のはなしです。武蔵というと、世間的な出世に興味をもたず、ひたすら剣の道を追求… つづきを読む司馬遼太郎『真説宮本武蔵』のおもしろさ

五輪書 (ちくま学芸文庫)

ちくま学芸文庫の『五輪書』の感想です。 五輪書 (ちくま学芸文庫)   大事な場面に 生活の中で、仕事の中で、大事な場面があります。そこにどんな気持ちで臨んだらいいのかを『五輪書』は教えてくれます。心を支えてくれます。日々の大事な場面の、心強い味方なんです。   無人島に持ってい… つづきを読む五輪書 (ちくま学芸文庫)