宮本武蔵の名言集10

スポンサーリンク 宮本武蔵の『五輪書』には、イイなぁ~♪ と思う言葉がいっぱいです。心に残った武蔵の言葉をいくつかピックアップして、ゆるゆるに現代語訳してみました。   「無理せずいきましょう」 『五輪書』風の巻(2)より。原文は「少しも無理なる事を思わず」です。」です。   「… つづきを読む宮本武蔵の名言集10

宮本武蔵の名言集9

宮本武蔵の『五輪書』の名言をゆ~るく現代語訳しています。今回は風の巻からつぎの3つをピックアップしてみました。   「目に見えるものを凝視してはいけません。本当に見るべきは、相手の心です」 『五輪書』風の巻(6)に書かれている内容をまとめた言葉です。   「他流を知ってこそ、自分… つづきを読む宮本武蔵の名言集9

宮本武蔵の名言集8

宮本武蔵の『五輪書』には、なるほど~と思う言葉があちこちに載っています。それをピックアップしてみました。もともとは兵法について書かれた本です。ぼくらそれぞれのテーマにあてはめて読むと、発見がいろいろあります。   「相手の先手を抑え込もうとする時点で、後手に回っている」 『五輪書』火の巻(… つづきを読む宮本武蔵の名言集8

宮本武蔵の名言集7

宮本武蔵の『五輪書』から、名言を抜粋しています。今回はおもに刀のあつかいに関する言葉です。武蔵は「勝つ」ことを目的として書いています。この「勝つ」の部分をぼくらそれぞれの目的に置き換えて読むと、以下の名言もより響くものがあります。   「刀は、構えるつもりで構えないでください。斬るつもりで… つづきを読む宮本武蔵の名言集7

宮本武蔵の名言集6

宮本武蔵の『五輪書』には、心に残ることばがたくさんあります。今回は水の巻からつぎの3つをピックアップしてみました。   「ふだんから本番のように。本番はふだんのように」 『五輪書』水の巻(2)より。原文は「常の身を兵法の身とし、兵法の身を常の身とする」です。   「相手の動きを知… つづきを読む宮本武蔵の名言集6