焦らずに、やることをやって言うことを言う

スポンサーリンク よく「人が緊張するのは、実力以上にうまくやろうとするからだ」と言われますよね。 だから「実力以上にうまく見せようとせず、ありのままの自分でのぞめばOK」って。   それはもちろんそうなんですが、そうは言っても、できるだけうまくやらなくちゃならない場面もあります。 &nbs… つづきを読む焦らずに、やることをやって言うことを言う

人生でするべきたった一つのこと

宮本武蔵の『五輪書』はもともと、武士が戦いで勝つための本です。 武士にとって、するべきたった一つのことは「勝つ」ことでした。   ぼくらには「勝つ」より大切なことがある   ぼくらは武士ではありません。 ぼくらには「勝つ」以外に大切なことがあります。 ぼくはのんびりした人間なので… つづきを読む人生でするべきたった一つのこと

好きや得意なだけでは食べていけない

自分はこれで食べていきたい!という理想の道が、人それぞれあると思います。 それは、「好き」な道かも知れないし… 「得意」な道かも知れません。 もしかすると、「好き」で「得意」な道かも知れません。   宮本武蔵は『五輪書』の中で、 「人それぞれ自分の道を磨いていくことは大切ですよね」 と言っ… つづきを読む好きや得意なだけでは食べていけない

強くあるより自分らしく

宮本武蔵は江戸時代のはじめに活躍した剣士です。連戦連勝だったとも言われています。 武蔵がきわめた剣の道。 それを後世に残すために記されたのが『五輪書』です。   『五輪書』は強くなるための本ではない   無敵の剣豪が書いた、剣の本。 そう聞くと、強さを追求した本に思えるかもしれま… つづきを読む強くあるより自分らしく

吉川英治が語る宮本武蔵への思い

吉川英治という作家さんがいます。小説『宮本武蔵』を書いた方です。ぼくら日本人が抱く宮本武蔵のイメージは、この小説がもとになっています。 「吉川英治」と呼び捨てにするのは恐れ多いです。だからといって、「吉川英治さん」と呼ぶのも、かえって馴れ馴れしい。悩ましいところですが…。偉人を呼ぶときには呼び捨てに… つづきを読む吉川英治が語る宮本武蔵への思い